トップ / 二重整形で埋没法の悲しい失敗例

二重整形の名医が目を大きく

二重整形で埋没法の悲しい失敗例

二重整形で埋没法の失敗例も知っておこう

比較的安全で失敗も少ないと言われている二重整形の埋没法ですが、絶対に失敗しないということはありません。また、他の人から見ると失敗ではないように見えても、当人からすると結果に満足できず、失敗と感じることもあります。そこで、埋没法で起こり得る失敗例の幾つかをご紹介します。

埋没法で起こりやすい症状の一つにすぐに二重がとれてしまうという症状があります。埋没法の糸は恒久的なものではないので、いつかは緩んでしまうものです。しかし、施術後1、2ヶ月ですぐにとれるようなものではなりません。施術後早い時期に二重が取れてしまったら、医師の技術的な問題が考えられます。

他の失敗例に糸が出てきてしまうという症状があります。これも医師の技術的な未熟さが原因と言われています。糸の埋め込む位置が浅かったりすると糸が出てきやすくなります。放置しておくと眼球を傷つけたり、感染症になったりなどの心配もありますので早めに医師に相談しましょう。

まぶたに糸のふくらみが見えるということもあります。埋没法では数箇所糸を留める必要がありますので、糸の結び目は必要です。しかし、この結び目が外から見ても分かってしまうほどであれば、一度抜糸をしてからもう一度留め直すこともできるので、医師に相談してみましょう。

希望していた二重幅と違うということもあります。医師の技術の問題もありますし、自分の元の目の形が原因のこともあります。希望の二重幅になるように再度埋没法を行うこともできますが、必ずしも希望通りになるとは限らないので、医師とよく相談することが必要です。

見かけを良くしたくて受ける二重整形の手術ですから、誰も失敗はしたくありません。失敗する可能性をできるだけ低くするには、事前によく医師を選ぶことがポイントです。医師選びは慎重に行いましょう。

Copyright © 目を大きくしたいなら二重整形の名医に All rights reserved