トップ

二重整形の名医が目を大きく

目を大きくしたいなら二重整形の名医に

二重整形の名医に目を大きくしてもらう

わたしの小さい頃からのコンプレックスは一重まぶたであることです。この一重まぶたのせいで目つきが悪く思われてしまいます。小さい頃に睨んでいないのに睨んでいると言われたりして、辛い思いをしました。目がもっと大きくなれば、もっと愛嬌のある女の子らしい顔になれると思うのです。

とにかく目を大きくしたいという願いが強く、中学生の頃からアイプチを愛用してきました。自分では自然な二重メイクができていると思っていましたが、ついこの間、初対面の人にアイプチを指摘されてしまったのです。

そのことがきっかけで二重整形を考えるようになりました。中学生の頃以来10年間アイプチをしてきましたが、いっこうに二重の癖がつく気配がありません。アイプチを卒業するためにも、思い切って美容外科に相談に行ってみようかと思っています。

美容外科に行く前に、まずは自分で二重整形について調べてみることにしました。パッチリ二重にするには、メスを入れない「埋没法」とメスを入れる切開法があるようです。メスを入れるとなると、痛みや腫れという不安があります。失敗した時に後戻りできない怖さのようなものもあります。そういったリスクを考えると、比較的リスクの少ない「埋没法」を選びたいと思います。

埋没法はメスを使わないで気軽にでき、まぶたへの負担も少ないことから人気のある二重整形の方法のようです。具体的にどのような手術なのかというと、局所麻酔をしてまぶたの内側から希望する二重のラインと重なる線を作り、極細の特殊な糸で2箇所、もしくは4箇所を留めるというものです。

施術時間は、腕の良い医師だと両目で10~15分で終わります。施術後に気に入らないので元に戻したいという場合でも、埋没法であれば抜糸をすれば、元の一重に戻すことも可能ですし、希望していた二重のデザインと異なるといった場合には、修正も可能です。

わたしが調べた埋没法のメリットとデメリットをまとめました。メリットとしては、メスを使わないので痛みや腫れなどのリスクが比較的少なく、ダウンタイムが短いことが挙げられます。また、まぶたの内側からの施術なので、傷が外に見えないという点もあります。施術の時間が10~15分と短いというのも体に負担が少なくメリットと言えます。費用も比較的安く、手軽にできます。

デメリットとして、やり直しができやすい反面何かの拍子に一重に戻ってしまいやすいという点があります。また、脂肪の除去などができるわけではないので、まぶたの腫れぼったさを取ることができません。そのため、まぶたの状態によっては手術の効果が現れないこともあります。さらに、花粉症などのアレルギーがあり、目をこすることがある人は摩擦で糸が取れてしまうことがありますので注意しなければいけません。

埋没法には費用も安く、体への負担が少ない良い手術の方法ですが、どんな人にも合うわけではないようです。まぶたの厚い人やまぶたの腫れぼったい人、彫が深い人、皮膚の弱い人には合わないと言われています。しかし、これも一般的な傾向なので、自分のまぶたの厚さや目の形に埋没法が適しているかどうかは医師に相談してみる必要がありそうです。

私の場合は、目は細く小さいですがまぶたが厚いわけでも腫れぼったいわけでもないので埋没法が向いてないわけではなさそうです。費用の面でも安いですし、抜糸をすればもとの目に戻れるという安心感もあるので、さっそく美容外科の名医を探して、埋没法をしたい旨を相談しに行ってみようと思います。

style="color:#000;fint-size:20px;">二重整形の名医を探す 二重整形の名医をピックアップ 美容外科の診療施術のひとつ二重整形の名医を紹介しています。

Copyright © 目を大きくしたいなら二重整形の名医に All rights reserved