• トップ

ネット制限への対策

インターネット中の制限あり対策

インターネット中のトラブル対策

インターネットを利用している間、突然ネットワークが制限ありになってウェブページを表示できなくなってしまう事があります。パソコンの使い始めや、新しいソフトウェアの利用時に起きやすいトラブルの1つであり、インターネットを快適に利用する為に必要な作業の1つです。トラブル対策としては、設定を調整したりソフトウェアを入れ替えたりするのが有効になります。例えば、パソコンの使い始めにすぐ接続が途絶えて、ネットワークが制限ありになってしまう場合です。パソコンやルーターの設定を見直してトラブルを解消していく形になりますが、ここで有効になるのがインターネット上の情報です。同じ状況で悩んでいる方の情報を探して、どのような形で解決したのかを調べましょう。また、多くのパソコンで頻発するトラブルであれば、解決策が発信されているので参考情報にする事が可能です。新しいソフトウェアの利用で制限ありになってしまう場合は、設定ではなくソフトウェアに原因がある事もあります。まず、一度パソコンの電源を入れ直して、状態が改善されるか試す方法が有効です。電源を入れ直しても制限ありになる場合は、インストールしたソフトウェアに問題がある可能性が高いので、アンインストールして、もう一度パソコンの電源を入れなおす方法を試しましょう。制限ありが解除されたら、問題は一応解決です。問題となったソフトウェアの再インストールは避けた方が良いでしょう。セキュリティソフト等、必要不可欠なソフトの場合は別のソフトウェアを利用した方が、別のトラブルに発展する事がなく安心して利用できます。

インターネットの必須情報

新着情報

↑PAGE TOP